小型ワイヤレススピーカー

2020年8月3日発売​

参考価格9,980円

これからのカタチ。ネックスピーカーにもなる、ユニークなポータブルスピーカー​​。

​一度使い始めると手放せなくなる、楽しくて快適な新しいサウンドデバイスです。

「スピーカーは箱型」という先入観がありますが、「使いやすくて聴くのが楽しい究極のスピーカーとは?」を追求した結果popenのコンセプトが産まれました。2個の丸いスピーカーユニットをU字状パイプで繋ぐ事で持ち運びやすくなり、場所を選ばずどこでも置いたり掛けたりができます。首に掛けると低音サラウンドが頭を包み込み、家に居ながら映画館やスタジアム観戦のレジャー気分が味わえます。

開発経緯:

2017年   2.1チャンネルサラウンド音響技術に関する特許取得。デザインに関する意匠登録

2018年   プロトタイプ(基本機能)をクラウドファンディングMAKUAKEにて発表

2019年 量産機(防水性・通話機能を付加)をクラウドファンディングCAMPFIREにて発表

popenは従来のスピーカーやヘッドホンの置き換えではなくこれらが不得意なシーンを補い、新たな用途を創造するデバイスです。スマートフォン等Bluetoothデバイスとワイヤレスで接続し、レジャー・ビジネスのさまざまなシーンで用いる事ができます。IP44防水に160gの軽量さもあいまって家の中だけではなく屋外にも利用シーンは広がります。

1 置いて

軽量160g、つかんで持ち運びやすい大型ハンドルを備えています。カフェなどの店舗空間にBGMを流したり、ダンスや語学教室などみんなで音を聞きたいお稽古事の場面でも総合3.0Wの出力があるので余裕で対応します。

 

2 掛けて

特許技術「ビートパイプテクノロジー」により、首に掛けると頭の前後から高音質サラウンドで頭を包みこみます。大がかりなシステムを必要とせず、ソファーに寝転がるだけで気分はもう映画館。お家で過ごす時間を楽しく盛り上げます。

 

3 使って

マイクを内蔵しており、スマートフォン通話やテレワークでのハンズフリー端末になります。耳を塞がないリスニングスタイルは周囲に気付きやすく安全。防水対応(IP44相当)なので、突然の小雨やシャワールームなどでも使えます

「popen」上部のU字ハンドルは低音を発生する「ビートパイプ」を兼ねています。パイプの中ほどから低音を発するため、首に掛けるとちょうど後頭部付近から低音が聴こえてきます。前方のステレオと併せて頭の前後3か所(2.1チャンネル)からサラウンドで音が臨場感たっぷりに響きます。低音に伴う微振動も発生するのでライブ感はよりいっそう高まります。

特許登録第6205668 意匠登録第1615154/1616865

US PAT.10,582,301  CHINA PAT.PEND.

スマートフォンを操作しながら歩いたり、音を聴きながら自転車に乗ったりする危ない「ながらスマホ」を減らす、これが「popen」開発のきっかけでした。耳を塞がずに周辺の音が聞ければ、状況を察知する事が容易になります。

「popen」は、ネックスピーカーではなく、普段使う小型スピーカーと位置付けており、なるべく多くの方々にお使いいただけるように考えられました。家の中でも、外でも安全・快適に過ごせる新しいリスニングデバイスとして、広く使っていただきたいと考えています。

型番    PPN001

重量    約160g

サイズ   縦x横x厚=175x175x60㎜

      首掛け部分の内径=約120㎜

出力    合計3W

接続    無線方式:Bluetooth 5.0 Class2

      有線方式:ステレオミニプラグケーブル

機能    通話用内蔵マイク

      音量  大/小

      曲   前送り/後戻し、一時停止/再開

      着信  通話開始/通話終了

      防水対応(※1)

電源    内蔵充電池

使用時間  約6時間(※2)

同梱品   充電用microUSBケーブル

※1 IP44防まつ形

※2 一回の充電による使用時間は音量や環境により変化します

おすすめリンク

販売サイトバナー.jpg

popen.jp

販売サイト

ネックスピーカー

比較レビュー

teletama16.jpg

テレ玉

popen紹介番組

© 2020 自在設計合同会社/ Jizai Design,LLC

ビートパイプ図解1-2